活きの良い情報を
お客様にお届けします。


創業60年、焼津で地域に根付いたサービスを目指しております。
確実、迅速、丁寧な配達に心がけております。 



  新聞は世界情勢さらにはコミュニティの内部などの情報伝達手段として、様々なものが発
行されています。塩川新聞舗では読売新聞、静岡新聞、スポーツ報知をはじめ、各 種新聞を皆様にお届けしております。
 
  • 01
  • 塩川新聞舗だけの注目ポイント!

お客様のニーズに合わせたお支払い方法を準備!

塩川新聞舗では生活スタイルに合わせたお支払方法が充実しております。
■集金(毎月25日過ぎから、集金担当者がご自宅まで伺います)
■口座引き落とし(毎月27日引き落とし)
■コンビニ収納
■クレジット決済

夏は魚河岸シャツで新聞配達
お客様に涼しさも届けます!

塩川新聞舗では夏季の毎週月、水、金曜日を『魚河岸デー』とし、社員全員が魚河岸シャツを着て、配達しています。
弊社のキャラクターが入った限定シャツを着た配達員に会いましたら、是非一声かけてください!

  • 02
  • 取り扱い銘柄も充実。一般紙から専門紙まで!

全国紙から地方紙まで
充実のラインナップです。

塩川新聞舗では全ての新聞をお取り扱いしております。
いきなりの御購読が心配な方は、一週間のお試し購読も承っております。

お子様には読売KODOMOと読売中高生新聞をどうぞ!

1週間のニュースをわかりやすく政治、経済、社会、国際ニュース、スポーツなどすべての分野をわかりやすくお伝えします。子供にも分かりやすいよう、ニュースを噛み砕いて説明していますので、初めて新聞を読むお子様にはオススメです。

  • 03
  • うおがしんぶんは毎年発行!これからも焼津の魅力を発信していきます。

毎秋発行の『うおがしんぶん』では読者様から魚河岸シャツを着た写真を募集しております。

有)塩川新聞舗では毎秋、弊社からのご愛読者様に『うおがしんぶん』を発行いたします。この新聞に掲載されるのは、あ・な・た!!
魚河岸シャツを着た、とっておきの一枚を弊社にお送り下さい。焼津市内ではファッションとしての注目も高く、若者からお年寄りまで誰もが着ている魚河岸シャツ。この夏の思い出に夏の風物詩を着て、『パシャッ!』この夏の思い出にご家族、恋人または友人と一緒に魚河岸シャツを着て新聞デビューしてみませんか?

魚河岸シャツを着たあなたが新聞に載るんです!

汗ばむような陽気になるころ、塩川新聞舗の夕刊配達員は焼津伝統の「魚河岸シャツ」がユニホームとなります。新聞を配る魚のキャラクターが入ったオリジナルシャツ。2011年から始まった活動は住民の間でも定着し、ニュースとともに、「涼」を読者宅に運んでいます。
 魚河岸シャツは、漁業関係者が手ぬぐいの生地をシャツに仕立てたのがルーツとされています。昭和初期から続く“焼津の名物”の一つなんです。「『今年はいつから着るの?』と声を掛けられる」「配達先で『粋だね』と言われた」と、従業員たちにも好評です。
 12年からは魚河岸シャツの魅力を市民に紹介する「うおがしんぶん 」を発行しています。タブロイド判4ページで、魚河岸シャツを着た市民の写真を多数掲載。かわいらしい子ども、地域のグループなど、笑顔いっぱいの紙面が喜ばれています。

 

焼津市内ではファッションとしての注目も高く、若者からお年寄りまで誰もが着ている魚河岸シャツ。 この夏の思い出に夏の風物詩を着て、『パシャッ!』 この夏の思い出にご家族、恋人または友人と一緒に魚河岸シャツを着て新聞デビューしてみませんか?

焼津ではもはや夏の『風物詩』?

 
焼津ではもはや知らない人がいないのではないか?と思われるぐらい夏の定番になっています。赤ちゃんからお年寄り、最近ではワンチャンなどペットまで。焼津の街、独特の雰囲気と言うんでしょうか?まさに焼津の風物詩!募集には性別、年齢等の規制は一切ございません。ご自慢のペットちゃんでもOK!この夏はうおがしんぶんでちょっと目立った夏にしてみませんか?

●魚河岸シャツとは??

「魚河岸シャツ」は、焼津の水産業者が家庭にある手ぬぐいを縫って作った「てぬぐいじゅばん」が起源と言われています。「手ぬぐいじゅばん」は、昭和初期には原型が存在したと言われています。「魚河岸シャツ」の名で、市内で売り出されたのが、今から30数年前。
現在では、着心地の良さやファッション性の高さから、高齢者から若者、子どもまであらゆる世代の焼津市民に愛用されており、“焼津の夏”の風物詩となっています。